« 大きなお世話のレッテル貼り | トップページ | 福島のかわざんよう »

2024年4月26日

福島第1原発の停電事故は

24日(水)に発生した東京電力福島第1原発での停電、これによって処理水海洋放出の一時停止につながった問題を巡り東電が調査した結果、協力企業の作業員が掘削作業で深さを誤り、送電ケーブルを損傷したことが停電の原因だったと発表しました。

作業員は高圧送電ケーブルを通す埋設された管路を補修するため、コンクリート舗装面を剥がす作業をしていたが、コンクリートの下に砕石がないのにあると思い込み、約40cmほど掘り進めたためにケーブルを傷つけてしまったようです。

東電は、掘削作業で注意喚起を徹底するよう元請け企業に指示していなかったとして、再発防止のため高圧送電ケーブル付近で作業を行う際は、東電社員が現場に立ち会うことを決めたことを発表しましたが・

福島県民にしてみれば「またか。東電らしい」という思いにしかならなくなっています。

それではいけないのですが、昔からあまりにもミスが多くてそういう思いになってしまいます

|

« 大きなお世話のレッテル貼り | トップページ | 福島のかわざんよう »

コメント

にいがたの柏崎刈羽原発も三歩進んで二歩下がる。
状態が続いています。
墓穴を掘っているとも言えますかね。

投稿: もうぞう | 2024年4月27日 19:14

>もうぞうさんへ

天下り上司ばかりでこうなっているんですかね

投稿: 玉ヰひろた | 2024年4月27日 20:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大きなお世話のレッテル貼り | トップページ | 福島のかわざんよう »