« 福島のかわざんよう | トップページ | 5千円札とATM »

2024年4月28日

「せでって」

福島県南相馬市鹿島区の常磐自動車南相馬鹿島サービスエリア(SA)に在る利活用拠点施設「セデッテかしま」の9周年記念感謝祭が27日と28日の両日に行われています。

屋外広場での芸能祭りも5年ぶりに開催し、原町一小の九曜太鼓、相馬流山踊り伝承保存会の踊り、愛舞連の阿波(あわ)踊りなどが披露されたようです。

28日には相馬野馬追太鼓、馬場民俗芸能保存会、みなみそうま遊夢キッズなどが登場したようです。

さて、この施設の名前になっている「せでって」とはどういう意味かわかるでしょうか?

このブログサイドにある「ふくしまの方言」というサイトを開くとわかりますが、「連れて行って」という意味です。

ただ、従兄の中でも年かさだったわたしは母や叔母たちに「せでって」とか「せでってくいよな(連れて行ってくれないか)」と言われ、幼い従弟たちの面倒を頼まれたものですが、今の人たちはほとんど使わなくなった言葉です。

消えていく方言の一つなのでしょうね。

参考までですが「でって」と言った場合は、「入れていって」と言う違う意味になりますのでご注意です。

|

« 福島のかわざんよう | トップページ | 5千円札とATM »

コメント

こんばんわ。
・「文章」を読んで。
これは、初めて知りました。

投稿: H.K | 2024年4月28日 18:55

>H.Kさんへ

コメントありがとうございます。

投稿: 玉ヰひろた | 2024年4月28日 19:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 福島のかわざんよう | トップページ | 5千円札とATM »