« インドの52℃と空の白竜 | トップページ | 植物分類名変更で混乱する図鑑 »

2024年6月 1日

法定速度が30kmになる!んっんっ?

5月30日(木)、警察庁は幅員が狭い「生活道路」の法定速度を、現在の時速60kmから30kmに引き下げる道路交通法施行令の改正案をまとめました。

この改正の目的は歩行者や自転車の安全確保が目的で、意見公募(パブリックコメント)などを経て、標識設置箇所の検討や法定速度変更の周知期間を考慮し、施行は約2年後の2026年9月を目指すとしています。

これまでも先に挙げた生活道路では、「ゾーン30」や「ゾーン30プラス」を新たに導入し、各地で整備を行ってきたが死亡事故などが減らないために改正することになったようです。

法定速度の引き下げは1960年(昭35)の道交法施行以来初めてとなるようです。

問題は、対象となるのは中央線や中央分離帯、道路中央のラバーポール(車線分離標)、センターラインなどがない5.5m以下の一般道ですが、複数車線の道路や幹線道路などの法定速度は今までと同じく60km/hを維持するため、30kmと合わせて法定速度が二つになるということです。

さらに、生活道路の30km/hが法定速度がになると、制限速度のような道路表記の設置が不要になるため、法定速度60kmの道路から法定速度30kmの道に入ったのかどうかがわからない可能性が高くなるのです。

そして安全対策の法改正なら、人力で走行するけれど「軽車両」に分類され30km以上のスピードが出せる自転車(※現行での自転車の法定速度は60km)にも、安全対策として速度計装着が検討されないのでしょうか?

なにか手立ては講ずる(?)のでしょうが、ドライバーにとってはどこで速度違反になるかわからず、気が付いたら速度違反になっていたという、実に走り難くなることこの上ない改正です。

過去に30km規制道路(道幅6m以上で、歩道とセンターライン有の道路)で、18kmオーバー(時速48km)の速度違反で捕まったことがある私にとって、またあの嫌な思い出がよみがえってしまいました。

|

« インドの52℃と空の白竜 | トップページ | 植物分類名変更で混乱する図鑑 »

コメント

こんばんわ。
・「文章」を読んで。
こんな事を言うのも恐縮ですが、この法定速度、事故防止する為になるので仕方が無いと思いますが、難しい課題ですね。

投稿: H.K | 2024年6月 1日 18:23

生活密着道路の話しですよね。
この辺りの県道や市道は5年ほど前に、最高速度の見直しで40Km制限が減って60Kmが多くなっています。

投稿: もうぞう | 2024年6月 1日 19:10

>H.Kさんへ

住宅街の狭い道路ならわかりますが、どこまで変わるかはあいまいのようです


>もうぞうさんへ

そもそも、近代のハイブリットやEVのように加速が軽い自動車は30kmでの走行は道路によって走り難い気がします

投稿: 玉ヰひろた | 2024年6月 1日 19:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« インドの52℃と空の白竜 | トップページ | 植物分類名変更で混乱する図鑑 »