« 国境なき医師団が思う日本人とは | トップページ | 2027年に蛍光灯の製造停止 »

2024年5月 7日

腹の激痛でクリニックへ

早朝に腹痛が始まり、時間を絶つごとにその痛みは増してきて痛み止めを飲んでしまいました

痛みが治まったところで、すぐに掛かりつけ医へ向かい検査してもらったら、診断は思った通り2年前に起こったのと同じ尿路結石の痛みでした。

2年ぶりに再発になってしまいました。

前回もそうですが、今回も最初に行うエコー検査の際に先生より「肝臓に水が溜まってますね」言われてしまい痛みの原因よりそっちの方が気になってしまいました。

先生はそれが良いのか悪いのか言われなかったので、検査中に看護師さんに聞いたら「結構多くの人が居ます。心配ないです」と言われました。

帰宅後に検索したら、肝膿瘍(かんのうよう)というものらしく、高齢者で見つかることが多いが急性ではなく‘先天性’のもので、治療は無症状である場合は放置することが多いということでした。

私の掛かりつけの先生も上記のような判断をしたようなので、気にはなりますが大丈夫の様で一安心しました。

それより、まずは結石の完治でしょう

|

« 国境なき医師団が思う日本人とは | トップページ | 2027年に蛍光灯の製造停止 »

コメント

結石痛いですよね、自分も数回やっています。自分は先天的に腎臓に海綿状の石の元があるようです。

ただ最近は痛みが出ないです、水分を多く摂取し、排尿の回数も多くしています。だからかな??

投稿: JACKS | 2024年5月 8日 07:54

>JACKSさんへ

私もそれは日々心掛けていたのですが、再発するとは思わなかったです。
ただ、その痛みは前ほど強くなかったのはそのこころがけからと思っています。

投稿: 玉ヰひろた | 2024年5月 8日 11:37

私の友人はその「石」を散らすために、2週間ほど入院して帰ってきました。
それほどでなくて良かったですね。
私も遺伝的に「高血圧」症状があり、気をつけています。
「一病息災」と行きましょう(^_-)-☆

投稿: へこきあねさ | 2024年5月 8日 20:02

>へこきあねさんへ

ところが一病じゃないのです(笑)

投稿: 玉ヰひろた | 2024年5月 9日 07:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 国境なき医師団が思う日本人とは | トップページ | 2027年に蛍光灯の製造停止 »