« 「LINEの経営権が日本へ」とは? | トップページ | 「東レ」の2000万円バイク »

2024年5月12日

地下水脈の調査は

いわき市小川町に在る農業用井戸の水位が下がり、水不足による作物の生育不良が農家で発生しています。

原因は不明だそうですが、近くを流れる夏井川は東日本台風で被災し、大規模な災害復旧工事が行われていることから、県は井戸の水位低下と工事に因果関係があるかどうかを確認するため調査に乗り出す方針を示しました。

こういう大きぼな河川工事や道路工事が行われると、そのそばにある湧水がで無くなったりすることをわたしは複数見てきました。

そのたびに「こういう大規模な工事の際の水脈の調査というのは工事前にやっているのか?」と思うのです。

たぶんそういう調査の義務はないのでしょうが、こういうのは自然破壊ではないのでしょうかね

|

« 「LINEの経営権が日本へ」とは? | トップページ | 「東レ」の2000万円バイク »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「LINEの経営権が日本へ」とは? | トップページ | 「東レ」の2000万円バイク »