« かつてはホタルが飛び交った季節 | トップページ | ホンダ 50㏄スーパーカブを生産終了 »

2024年6月23日

タバコ版の「禁酒法」か?

「禁酒法」は、かつてアメリカで行われた法処置で、これによって酒の密売が横行しアメリカのマフィヤの組織の勢力の拡大を生み、抗争が頻発する暗黒の時代となったとして後に撤回され「禁酒法=悪法」だとされた歴史があります。

現在オーストラリアでは健康に悪いとしてタバコに対する規制が行われていますが、
その内容は「25本入りたばこ」は日本円で4400円にもなる高額の課税、さらに電子タバコの輸入禁止(医師の処方箋があれば可能)という徹底したものです。

そこで急増しているのが、違法な密輸や密売、そして密売をするギャング同士の抗争だそうです。

6月30日、オーストラリア南部ビクトリア州警察は、メルボルン郊外の4カ所で違法タバコ密売に絡む家宅捜索を行い、密売人を恐喝や銃器の不法所持などの疑い逮捕したそうです。

この日の捜索で押収されたものは↓

  • 80万豪ドル相当のタバコの葉615キロ、
  • 75万豪ドル相当の紙巻きタバコ72万5,000本、
  • 3万豪ドル相当の電子タバコ
  • ライフル2丁、拳銃1丁、弾薬など

州警察は、中東系犯罪組織や、大型バイクを乗り回すギャング「バイキー」、若者のストリート・ギャングなどが、違法タバコ密売に関与していると見て取り締まりを強化しているようですが、密売組織は拡大する傾向のようです。

お隣のニュージーランドでは、2027年から若年層の喫煙を生涯禁止にする法律が施行されるそうです

タバコの密売組織は、さらに拡大しそうな気配で、まさにアメリカの「禁酒法時代」になりつつあるようです。

さて、日本は喫煙をどこまで規制強化するのでしょうか?

|

« かつてはホタルが飛び交った季節 | トップページ | ホンダ 50㏄スーパーカブを生産終了 »

コメント

こんにちわ。
・「文章」を読んで。
こう言う法律を作る事は良い事だと思います。
日本も、取り入れて欲しいですね、特に「路上飲酒」をする人が、最近目立つ様になった今だから、取り入れて欲しいですね。

投稿: H.K | 2024年6月23日 13:36

「たばこ」ねぇ。我が家も昔は夫も3人の子たちのうち、二人も吸っていた。今はすっかり全員卒業したけど。

オーストラリアにいたときに、友人が日本に一時帰国するときに、たばこ購入を頼まれる人たちがいた。
規制しても「酒」と同じくほぼなくならない。
それより、たばこの害を政府もメディアも頻繁に流す方が効果的。 ま、それもやってはいるけど・・・。

投稿: へこきあねさ | 2024年6月23日 14:08

>H.Kさんへ

路上飲酒、それも困った現象だと報道されていますね。


>へこきあねさんへ

メディアではかなりPRして、男性の喫煙者は半減以下までになっているようですが、対照的に女性の喫煙者が2倍から3倍増だそうですね

投稿: 玉ヰひろた | 2024年6月23日 15:06

最近はバス停でのタバコ吸殻は見かけなくなりました。
確実にタバコ吸う人は減っているのでしょうが、新幹線ホームには喫煙所があるところ見ると、未だ吸っている人がいるのでしょうね。
ところで先日、自分のグログにアップが出来なく、こちらに様子を見にきたら投稿していらしたので、コメントしたら出来なくて、自分だけ不調なのだと分かりました。
今は投稿できるようになり不思議な現象です。
こんな時だけお邪魔しまして申し訳ない。

投稿: コデマリ | 2024年6月23日 20:47

>コデマリさんへ

どういう原因だったのでしょうか。気になりますね

投稿: 玉ヰひろた | 2024年6月23日 20:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« かつてはホタルが飛び交った季節 | トップページ | ホンダ 50㏄スーパーカブを生産終了 »