« エフレイ(?) | トップページ | 遠藤敬止氏と鶴ヶ城と渋沢栄一氏 »

2024年6月16日

東北電力 女川原子力発電所が再稼働へ

東北電力は宮城県の女川原子力発電所2号機を9月ごろに再稼働を予定し、その安全対策工事が27日完了したことを発表しました。

その安全対策は、想定される最大クラスの津波に備えて、防潮堤の高さを海抜29メートル(幅800m)にかさ上げし、事故が起きても、原子炉を7日間冷やし続けられる量に当たるおよそ1万トンの水をためられる貯水槽を高台に設置したり、ケーブルを入れる管を燃えにくい素材で覆うなど、東京電力福島第一原発の防潮堤の最大16m(延長約1km)と比べてもその差は歴然です。

ただ、東日本大震災と東京電力福島第1原発事故から13年に合わせ、地元紙の河北新報は宮城県内の有権者を対象に、インターネットで東北電力が9月ごろを予定する女川原発2号機(宮城県女川町、石巻市)の再稼働に関し原発に関する意識調査を実施した結果は、↓

  • 反対=43.9%、
  • 賛成=41.4

という結果で、その差は拮抗していますがやはり反対がわずかに上回っています。

東北電力の樋口康二郎社長は「引き続き、安全確保を最優先に一つ一つのプロセスにしっかりと対応し、13年ぶりとなる再稼働に向けて、確実かつ丁寧に進めていく」などとするコメントを発表しましたが、女川原発で働く社員は約500人だそうですが、その内の200人は原発運転稼働未経験者なんだそうです。

東日本大震災でも対応に苦労した村井嘉浩宮城県知事、その最終決断は難しいでしょうね

|

« エフレイ(?) | トップページ | 遠藤敬止氏と鶴ヶ城と渋沢栄一氏 »

コメント

こんばんわ。
・「文章」を読んで。
何とも言えない気持ちですね。

投稿: H.K | 2024年6月16日 20:38

>H.Kさんへ

単純な問題じゃないです

投稿: 玉ヰひろた | 2024年6月16日 20:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« エフレイ(?) | トップページ | 遠藤敬止氏と鶴ヶ城と渋沢栄一氏 »