« 採決に自民党員が参加することに疑問 | トップページ | 本日は新聞が来ない朝 »

2024年6月 9日

自民党椅子取りゲーム再開か? HKTとは?

自民党横浜市連が6月4日に開いた定期大会で、市連会長の佐藤茂・横浜市議が裏金事件を念頭に

「政治資金規正法改正にメドがついた今、総裁自ら身を引く苦渋の決断をし、強いリーダーシップのとれる新進気鋭の総裁を(新に)選び、変革の証しを示さなければならない」

という強烈な発言が飛び出したそうです。

つまり、あからさまに岸田総理へ「辞めろ」という意思表示を示したのです。

この怒りに満ちた意見には布石があり、5月に党幹部が全国を回って地方組織の声を聞く『車座対話』が横浜市内で開かれた際に、横浜市自民連からタイミングが遅すぎると批判が出て、それに対し党本部から来た平口洋衆院議員が『我々も時間を割いて来ている』と反論したことで、横浜市連側が激怒し会は荒れに荒れた遺恨と不満から出た「首相辞めろ」発言だそうです。

発言した佐藤市議、実はここを地盤とする菅前総理に近いらしく、岸田総理辞職要求には菅前総理の影が見え隠れすると話題になっています。

さらに昨6日夜、自民党の小泉進次郎元環境相(無派閥(菅派))、加藤勝信元官房長(元厚労相。茂木派)、武田良太元総務相(元自民党幹事長特別補佐。二階派)、萩生田光一前政調会長(元文科相・元副官房長。安倍派)の”菅印”とも揶揄される4氏らと菅前首相が会食したことで、いよいよ裏の総理が森前総理から菅前総理に変化し「岸田おろし」が始まったと推測されています。

岸田内閣の人気下落で早期解散の可能性が限りなくなくなったことで、じっくりと岸田おろしを考えられるようになったことがこの動きになっていると言います。

また自民党は国民を無視しして、「総理の椅子取りゲーム」を始めようというのでしょうか。

懲りない方々です。

|

« 採決に自民党員が参加することに疑問 | トップページ | 本日は新聞が来ない朝 »

コメント

こんばんわ。
・「文章」を読んで。
今こんな時に「自民党椅子取りゲーム」なんて、やっている場合では無いと思いますね。

投稿: H.K | 2024年6月 9日 20:17

こんな話もききましたねぇ。
もともと政策集団というより利権集団の色合いがこい集団。利権の「たが」がずれてくれば、トップへの恨みは当然出てくるのではないですか?

投稿: へこきあねさ | 2024年6月 9日 20:55

>H.Kさんへ

やってる場合じゃないですよね


>へこきあねさんへ

利権のタガは色や形を変えて存続することでしょうね

投稿: 玉ヰひろた | 2024年6月10日 09:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 採決に自民党員が参加することに疑問 | トップページ | 本日は新聞が来ない朝 »