カテゴリー「パソコン・インターネット」の236件の記事

2022年5月28日 (土)

12億2千万の脅威

トレンドマイクロからのセキュリティーレポート<5月28日>

過去1か月間、世界中で「12億1948万2727 」のセキュリティ脅威が検出されましたが、お使いのデバイスは保護されています。

まるで”詐欺ではないか?”(笑)というようなその数字・桁↑には、毎回驚かされます。

しかし、実際はその数字をはるかに超えるサイバー攻撃(テロ)やら詐欺メールなどが在ることは確かです。

こうなると、被害に逢わないのも奇跡だと感じてしまいます。

インターネットなどICTに関わる各企業や人々の努力で守られていることに感謝ですね。

岸田総理は、日本の防衛費の大幅な増額をバイデン大統領の前で発表しましたが、サイバー攻撃対策も防衛費に入っていることを信じたいです。

そもそも、サイバーテロを国家防衛の対象枠に入れるかどうかを、政府として正式に決定しないといけません。

| | | コメント (2)

2022年5月22日 (日)

Internet Explorerがついに終了の時

2022年6月15日(水)、つまりあと一ヵ月も無く「Internet Explorer」のサポートが終了し、使用していた「お気に入り」や「パスワード」など各種設定が使えなくなります。

わたしは、すでに2~3年前から「Microsoft Edge」へ変更していますから全く不都合はないのですが、たぶん今でもかなりの方がInternet Explorerを使用していることでしょう。

 OS変更もそうですが、なんだかこういうのってICT企業に無理に踊らされている(脅されている。煽られている)ようで気分悪いです。

| | | コメント (2)

2022年5月17日 (火)

詐欺メールの内容のパターン化?

今回は、楽天を名乗る詐欺メールの紹介ですが↓

楽天e-NAVI お客様

残念ながら、あなたのアカウント楽天e-NAVI を更新できませんでした。

これは、カードが期限切れになったか。請求先住所が変更されたなど、さまざまな理由で発生する可能性があります。
アカウント情報の一部が誤っている故に、お客様のアカウントを維持するため楽天e-NAVI 情報を確認する必要・ェあります。今アカウントを確認できます。

楽天e-NAVI ログイン
なお、24時間以内にご確認がない場合、誠に遺憾ながら、アカウントをロックさせていただくことを警告いたします。
パスワードを変更した覚えがない場合は、至急(03)-5757-5252までお電話ください。

お知らせ:
パスワードは誰にも教えないでください。
個人情報と関係がなく、推測しにくいパスワードを作成してください。大文字と小文字、数字、および記号を必ず使用してください。
オンラインアカウントごとに、異なるパスワードを使用してください。

念の入ったことに「お知らせ」として、最後に詐欺メールへの注意まで記してある巧妙なものです。

内容を読むと、社名は違いますが昨今のメールと文書パターンがほとんど同じで、決まったマニュアルが在るのか?それとも詐欺グループの大元が共通しているのか?と思ってしまいます。

詐欺グループの組織というのは、そういう意味でも恐ろしいです

| | | コメント (7)

2022年5月14日 (土)

NHKを名乗るメールが来た

今年に入って、何度も来ている迷惑メールがあります。

一つは
えきねっと」を名乗るもので、「登録が無効になっています」などの内容で、発信元はJR西日本を名乗っていますがフィッシング詐欺メールです

二つ目は
ETCカード」の組織を名乗るもので、「カードが無効となりました」とか「支払元と通信が不可能」とかと言うフィッシング詐欺メールです。

そして、きょう新たに「NHK」を名乗るメールが初めて来ました。

内容は↓

NHKのサービスをご利用いただきありがとうございます、
NHKがNHKプラスにアップグレードされました。
(中略)
アップグレードは無料で、契約を結んでいる人は誰でもアップグレードする必要があります。
今すぐアップグレードして、特別な特典をお楽しみください、6〜12か月利用可能放送受信料免除。
契約しているすべてのゲストはNHKプラスにアップグレードする必要があります。
お客様の状況に応じた手続の流れをご案内します
(以下略)

危うく、メールに在ったサイトにアクセスしそうになりましたが、思いとどまって検索したらすぐに新手のフィッシング詐欺メールだと判明しました

このメールは、今年の4月から急増しているらしく、調べた人によるとサーバーはあの「ロシア」からのようです。

どうも、「NHKプラス」に契約している人がターゲットのようですので、契約している方はご注意ください。

直ぐに、「迷惑メールに振り分け」に設定しましたが、先に揚げたメールのようにまた何度も来ることでしょう。

尚、フィッシング詐欺メールに関しては
フィッシング対策協議会」のサイトで確認することができますよ。

| | | コメント (11)

2022年3月29日 (火)

文書のフォントは何をお使いですか?

地域の役員を複数請け負っているわたしは、どうしても連絡文書などを作る場面が多くなります。

現在は手書きの文章が使われることは無く、いまさらながらパソコン操作を覚えていてよかった気がします。

文書作成ソフトは、最初に使ったのがマイクロソフト社の「Office」のWordとExcelだったので今でもそれだけです。

文章を作るときに、いろいろと文面デザインを気にする性格のため、必ず迷うのは使用フォントです。

だいたいは、MSゴシックが主ですがこれはタイトルなどには良いのですが、高齢者向けに見やすくするため文字を大きくすると文面が強すぎて気に入らないわけです。

そこで、WordにもExcelにも、さらに気楽な書面にも改まった書面にも兼用できるものは無いか?

世間ではどんなフォトが好まれているのか?を初めてリサーチしてみたのです。

そしたら、「MSゴシック」「MS明朝」「メイリオ」「游ゴシック」「游明朝」が、最も使われていて5大フォントとされていました。

その中でも「メイリオ。游ゴシック。游明朝」は、現在最も人気で3大フォントと呼ばれているようです。

特に「有限会社字游工房(じゆうこうぼう)という、東京にある企業が開発した「游自体」は主流になっているようです。

以前のOfficeでは、その「游ゴシック・游明朝」は使用不可能だったのですが、今は使えるようになり私のパソコンにも標準装備されています。

この遊ゴシックは、基本的にメイリオをもう少し業務使用にしたもので、つまりメイリオより堅い文字でMSゴシックよりは柔らかいというちょうどよい書体と感じました。

なんといっても、目の粗いMSゴシックに比べ游ゴシックは滑らかなのが驚きです。(プリントするとどちらも変わらない)

わたしはこれのなかで一番太字の「游ゴシック Mediun」が気に入り、WordとExcelの作成の既成書体として全て固定してしまいました。
ついでに、フォントサイズも「12」で固定しました。

これで文書作成時の、初期段階の迷いは無くなり悩み解消です。スッキリしました。

それにしてもWindowsに入っているフォントは多すぎわかりません。私のは、後で追加したのもあるので数百は入っているかもしれません

参考ですが、現在のExcelのフォントは、目が粗いMSゴシックに代わり「遊ゴシック」(英数字=Segog UI)がデフォルテ(標準)になったようです。

| | | コメント (7)

2022年3月12日 (土)

Emotet(エモテット)感染拡大

今月に入ってから、@niftyから盛んに警戒・注意喚起がWEBメールに表示されています。

その内容は>

22022年2月に入ってからEmotet(エモテット)の国内での感染が再拡大しており、@nifty会員からのお問い合わせも急増しています。
十分なセキュリティー対策をするように

わたしの使用するWEBメール表示は、リンクがほとんど表示されない【テキスト表示】にしていますが、先日の「やっちまた」のときの被害は、【HTML表示】にいったん戻したことによるものでした。

コビッド-19も収まらず、ランサムウェアもまだ対策が不十分のようだし、ロシアや中国のサバ―テロもあるのにまた新たなコンピューターウイルスが現れるとは困ったことです。

まさか、これもロシアか?

続きを読む "Emotet(エモテット)感染拡大"

| | | コメント (4)

2022年3月 8日 (火)

やっちまった ('Д')

やってしまいました。

先週の末に、重複して2つあったAmazonのアカウントをスッキリさせるため、一つを削除する手続きを行いました。

まずその手続きのページを探すのに一苦労、それからも確認のメールなどが来たり「直ぐには削除にならない」などの注意が来たりして完了できました。

注意があったように、完全に削除されたのを確認したのは翌日以降のことでした。

確認できた翌日のこと、見知らぬ番号で電話が何度もかかってくるようになりました。

最初は固定電話でしたが、取らないでいたらこんどはスマホのほうに掛かってくるようになりました。

きょう、恐る恐るその番号に出てみましたら、私が利用するクレジットカード会社からでした。

その内容が・・・

「先週末に‘●万円’という高額の商品を、Amazonから買いましたか?」

「海外の○○というところに、入会しましたか?」

やっちまったのです。

アカウント削除作業の同じタイミングで送られていたフィッシング詐欺の偽アマゾンメールを開き、カード情報を抜き取られてしまったようなのです。

カード会社では、買い物履歴から普段より20倍ほどの金額の請求がAmazonからきたので「怪しい」と判断、即座にカードの使用を仮止めしているという電話でした。

最近急増している詐欺メール犯罪なので、確認と所持カードの使用を完全に止めることの了承を求める電話だったのです。

所持カードは新たなものを速達で発送するので、直ちに切り刻んで破棄するように言われました。

さらに、Amazonのログイン暗証番号を変更することもご指導してもらいました。

本物メールと、偽メールがほぼ同時に来たのが、引っかかった要因と思いますが、本当に助かりました。

日本のカード会社は、親切でよかったです。

| | | コメント (11)

2022年2月24日 (木)

「発送しました」・・・何を?

3~4日ほど前、下記のようなメールが届きました。

Amazon 注文番号・・・・・・・・

商品を1つ本日お届け予定です。

直接のお渡し、もしくはポスト投函いたします。
お届け日時指定便の場合、ご指定時間よりも早くポスト投函できる場合があります。

配送業者: 日本郵便
お問い合わせ伝票番号: 22・・・・・・・

(以下省略)

思い当たるものは無かったし、商品名の記載が無いので変だと思ったのですが、

注文番号もしっかり記載され、見慣れたAmazonからの発送通知メールでしたので、「何か未着のがあったのか?」と思い、注文履歴と注文番号を照らし合わせて確認しましたが、そんなものは全くありませんでした。

それでも、気になり何かが送られてくるのかと、一応待ってみましたがきょうまで何も届きません。

やはり 詐欺メールのようです。

このパターンのは初めてです。 

危ない 危ない

| | | コメント (8)

2022年2月 5日 (土)

地域を‘限定’の詐欺メール

福島県では今、県内に実在する企業・組織・個人名をかたる不審なメールが相次いで確認されているというのです。

福島県警本部・生活環境課による説明だと、「福島民報新聞社」などの名を使い

ご確認をお願いします」
「添付ファイルの解凍パスワードをお知らせします」

などとファイルの開封を求める文面が記載されているケースが多く、その添付ファイルを開くとパソコンがウイルスに感染し、信した端末のメールアドレス、パスワード、アドレス帳などの個人情報が流出する可能性があるというのです。

県警本部は不用意に添付ファイルを不用意に開封せず、送信元に電話などで確認した上で削除するよう訴えています。

つまり、フィッシングというものですが、今までとは少し違うのは福島県内を限定にしていることです。

詐欺グループも、組織改編が進んで各都道府県ごとに支店・支局(?)を設けだしたのでしょうか?

そして、年度替わりにあわせて都道府県ごとに活動を開始したのでしょうか?

そうだとしたら、最悪の年度替わりの組織改編です。

あぁ・嫌だ。嫌だ。

| | | コメント (6)

2022年1月27日 (木)

笑えない‘ギャグ’ 個人情報漏えい

内閣府外局として内閣総理大臣の所轄に属する行政委員会に、「個人情報保護委員会」というのが設けられています。

その役目は、文字通り個人情報を保護する目的で個人情報保護法などを検討立案するために設置された行政機関です。

ところが・、しかし・、それなのに・・・

先週の1月18日(火)に発表されたのは、同委員会の事務局のミスで個人情報の漏えいが起こったという大失態です。

詳細は、
1月7日に個人情報保護法に関するガイドラインについて意見募集をおこなった。
その結果をウェブ上で公表する過程において、意見を提出した12名の人物の氏名や一部所属先が漏えいした。

さらにその事実を、同委員会内ではなく外部からの指摘で判るというお粗末さだったようです。

個人情報を保護するための組織が、個人情報を漏らしてしまうという、まるでギャグのような話ですが笑えないです。

新設されたデジタル庁も活動が不明で使用しかねないのに、国はマイナンバーカードに情報を集約しようとしています。

さらに、韓国企業が大株主で極東アジアの狭い範囲だけで主で使われ、何度も個人情報を漏えいしているLINEを公的な手続きに使用している日本政府の対応は不安でしかない私です。

| | | コメント (10)

より以前の記事一覧