カテゴリー「パソコン・インターネット」の220件の記事

2021年9月16日 (木)

インスタグラムで若者が自殺

ここ数日、踏切での事故死から「歩きスマホ」の危険性を取り上げる報道が、自民党総裁選の間を縫うように取り上げられていますね。

それに関連するかのように、一人の少女の自殺からソーシャルネットワークサービスを運営する「フェイスブック」の写真共有アプリ『インスタグラム』が問題視されています。

その記事は、ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が入手したフェイスブックの内部文書です。

同社によれば、フェイスブックが数年にわたって行ってきた社内調査の結果、、数百万人の若いユーザーのかなりの部分、特に10代の少女たちに有害な影響を与えていることが指摘されていたにもかかわらず軽視し発表しないでいたというのです。

同紙が入手して公開した資料には、

  • 10代の少女の3人に1人が、インスタグラムが原因で体型コンプレックスを悪化させている
  • インスタグラムの利用が原因で不安や抑うつの症状を発生する確率が増えた

という調査結果が記され、さらに利用者の中で自殺願望があると報告した10代の若者のうち、アメリカでは約6%、イギリスでは約13%が、その原因がインスタグラムにあると述べていたというのです。

研究者たちは、このアプリが自分んと他人の身体やライフスタイルの比較が強調され、多感な10代にとっては劣っているという精神が芽生えやすく「自殺」に繋がる可能性が高いのではないかと言う結論を出しているようです。

なんでも「過ぎたるは及ばざるがごとし」、過剰は良くないということでしょう。

| | | コメント (4)

2021年9月 5日 (日)

注意>ワクチン接種の詐欺メール

ウイルスバスターのトレンドマイクロから↓のようなお知らせが届きました。

新型コロナワクチンの接種に便乗した詐欺にご注意ください。

市役所や大規模接種センターをかたったSMSやメールが不特定多数に送りつけられ、コロナワクチン情報サイトに偽装してクレジットカード番号などの個人情報を入力させるフィッシング詐欺や、窓口に偽装した電話詐欺などが確認されています。

実際のワクチン接種は無料であり、本人確認をクレジットカードで行うこともありませんのでご注意ください。

日本で実際に確認されている具体例

  • 「自衛隊 大規模接種センターの概要 予約サイト案内」というメールが届いた
  • 「ワクチン接種の優先順位を上げる」というメールが届いた
  • 「ワクチンを優先的に接種できる」と市役所を騙る職員から電話があった
  • 新型コロナワクチンの関連で個人情報を尋ねる電話があった
  • 「新型コロナウイルス予防ワクチン無料予約受付中」というSMS(ショートメール・サービス)が届いた

最終更新日: 2021年9月2日

災害や今のような国内情勢には、必ずこういうのが出現します。

もう現れるのが、当たり前のようにさえ思えるようになりました。

発足したデジタル庁は、こういうのは管轄外のようですが、わたしには管轄するのが当然だし、管轄しなければ「情報駄々漏れ庁」になってしまいませんか❔

続きを読む "注意>ワクチン接種の詐欺メール"

| | | コメント (5)

2021年8月10日 (火)

こんな時にパソコンのトラブル

私の使っているのは、英語では「ラップトップ(パソコン)」と言うらしいですが、いわゆるノートパソコンです。

このパソコンを買ってからトラブルは全く無かったのですが、昨日急に起動しなくなりました。

最初は、「電源を入れなおせばすぐに再起動するだろう」と、さほど驚きもせず楽観視していました。

ところが、何度電源を入れなおしても再起動するときのSSDの起動音もせず、初期画面が出ません。

電源ボタンを切ってから、少し時間をおいて再挑戦するも・・・だめ。

Windowsボタンを押したりしてもうんともすんともせず、時間が過ぎ1時間を過ぎたころからさすがに焦りが出てきました。

思い当たる動作は一つだけ、再起動中にスリープ動作(ラップを閉じる)を同時に行ったことだけです。

つまり、パソコンが起動とシャットダウンを同時に行ったので、保護システムが働きフリーズしただけだと考えました。

そうなると、やはり電源の入り切りで戻るはずなのですが、さらになんどかタイミングなども変えながら試しましたが再起動しません。

最後に、なんとなく試した「電源ボタンの長押し」、そしたら画面が現れSSDの機動音が激しく(元気よく)鳴りだしたのです。

イヤ~・・ホッとしました(-_-;)💧

こうなると、精密機械と言うのは専門知識が無い者ににとっては面倒な代物ですね

| | | コメント (5)

2021年8月 2日 (月)

「スクショする」・・・?

伊藤美誠選手と組んで混合ダブルスで日本卓球界に初の金メダルをもたらした水谷隼選手は、7月28日に自身のツイッターで“とある国から”心無いコメントが送り付けられてくることや、他の選手への誹謗中傷について

「あまりにも悪質な誹謗中傷は全てスクショしていますし、関係各所に連絡を行い然るべき措置を取ります」

と綴り、「年長だし、今まで人一倍攻撃を受けてきたので、他の選手よりも免疫があるので自分が先頭に立っていきたい」といようなコメントをアップしました。

この記事を読んで、「スクショするというのが理解できず「すぐに対処」の略語か?と思ったのですが全く違うようなので調べました。

スクショとは「スクリーンショット」、「スクリーンキャプチャ」、「スクリーンダンプ」の略語ようです。

これは、SNSなどのコメント画面や、LINEでのメールのやり取り画面をそのまま保存する機能のことのようです。

従来は、気になるSNSのコメントがあった場合はそのサイトのURLをコピペして、リンクというかたちで知人や友人に紹介し、そのサイトに訪問してもらって見てもらうのが一般的でした。

これに対し、スクショはそのコメントサイト画面全体、または画面の一部を写しとり画像として自分の投稿にダイレクトで使う機能です。

ですから、送られてきたほうはいちいちサイトに行ってみる必要も無く、問題の所だけをメールの一部のように見ることができるものです。

この機能はスマホならほとんどについているようですが、LINEが提供しているのがとてもよくできているらしいです。

つまり、この機能を利用し、知人に誹謗中傷の相談に利用したり、または各機関へ連絡したりするのが「スクショしています」の意味だったのです。

またまた新しい言葉が一般化していたようでございます。

パソコンやスマホをお使いの、中高年のご同輩諸氏へ「頭は生きているうちに使いましょう」

頭痛が・・(-_-;)💧

| | | コメント (7)

2021年7月15日 (木)

笑ってしまった詐欺メール文章

詐欺メールと言うのは、かなり巧妙に作られているもので注意が必要ですが、中には一見しただけでそれと判る‘不思議な日本文’のもあります。

きょうきた、詐欺メール文章があまりにも面白かったので紹介したくなりました。

Аmazon に登�hいただいたお客��に、
Аmazon アカウントの情�蟾�新をお届けします。
残念ながら、Аmazon のアカウントを更新できませんでした。

今回は、カ�`ドが期限切れになってるか、
�求先住所が�涓�されたなど、
さまざまな理由でカ�`ドの情�螭蚋�新できませんでした。
アカウント情�螭我徊郡��`っている故に、
お客��のアカウントを�S持するため 
Аmazon アカウントの 情�螭虼_�Jする必要があります。
下からアカウントをログインし、情�螭蚋�新してください。
   会�T情�螭喂芾恁讴`ジで�_�J 

↑最後の漢字部分など全く読めない漢字で、

ここまででたらめだと・・逆に面白くて笑ってしまいました。

| | | コメント (4)

2021年6月29日 (火)

日本は、サイバー攻撃に弱い?強い?

アメリカのオイルパイプラインが、サイバー攻撃により止まった被害ニュースはまだ新しい事件ですが、平昌冬季オリンピック(韓国2018年)、リオデジャネイロ夏季オリンピック(ブラジル2016年)でもサイバー攻撃を受け被害発生していた事実があります。

そこで日本も、サイバー攻撃により東京オリンピック・パラリンピックの運営に深刻な支障が出れば、日本のICT技術の威厳が損なわれるとして、4月22日には警視庁が研修会を開いたり経団連でも専門の委員会を創設するなど官民一体となって対策が始まっています。

そんな中、6月28日にイギリスのシンクタンク、国際戦略研究所(IISS)が発表した「サイバー、デジタル分野の総合的な実力」で、日本は最下位グループになっていたことが報道されました。

<IISS:欧米主要国と東南アジアなどの計15ヵ国を分析した報告書>

  1. 番手=アメリカ
  2. 番手グループ=中国、ロシア、イスラエル、イギリス、フランス
  3. 番手グループ=日本、北朝鮮、イラン、インド、インドネシア

この発表を見ると、日本は「サイバーセキュリティ対策」が遅れていると感じてしまいます。

ところが・・・

同じく、イギリスの「Comparitech」が運営する比較サイト(Comparitech.com)では

(1)マルウェアに感染したモバイルユーザー、
(2)金融マルウェア攻撃を受けたユーザー、
(3)マルウェアに感染したコンピュータユーザー、
(4)telnet攻撃の発信源になった、
(5)クリプトジャッキング攻撃を受けたユーザー、
(6)適切なサイバー攻撃対策の実施、
(7)サイバーセキュリティ関連の法律の整備状況、

上記の7項目を基に調査した結果、
「サイバー・セキュリティ安全性ランキング」で日本は世界60カ国で最高点を取得し安全性が「1位となっているのです。

これでは、
日本はサイバーテロ対策に強い国なのか、それとも弱い国なのか?迷ってしまいます。

調査やアンケートと言うのは、だいたいこんなものなのでしょうが、コンピューターウイルスというのもある意味で見えない危険物です。

私のような凡人には、その分野の専門技術者と対策組織の方々に頑張ってくださいというしかないようですね。

| | | コメント (6)

2021年6月27日 (日)

突然PCがブルー画面・勝手に再起動

それは3~4日前でしょうか、パソコン画面が突然ブルー画面になり

デバイスに問題が発生したため、再起動する必要があります。自動的に再起動します。

と言うメッセージが出て、勝手(自動で)に再起動を始めたのです。

あれよあれよという間に再起動が行われ、元の画面に戻りその後は何もなかったかのようになりました。

その段階では、修正プログラムが働いたのだろう「良かった」くらいに思いました。

ところが、あくる日もあるとき突然に同じことが始まったのです。それでも、その後は何もないので気にしないでいました。

しかし、3回目に起こったときは、さすがに「何か変だ」と思いあちこち検索したら、Windows10では同じことが数多く起こっているようで対策がいっぱい出てきました。

チェックポイント>

  1. トラブルはいつからか?
  2. 最近、更新ブルグラムをインストールしなかったか?
  3. その時に、オプションのプログラムもインストールしなかったか?

よくよく考えたら、6月22日に更新プログラムとをインストールしたのですが、その翌日当たりにトラブルが発生したのでした。

その時に、「オプションの品質更新プログラムがあります」というので、オプションのも一緒にインストーをしていたのです。

その時のオプションプログラムは↓です。

オプション【 2021-06x64 ベース システム用 Windows 10 Version 21H1 の累積更新プログラム (KB5003690) 】

最新バージョンWindows10を示す「21H1」があったので、何もためらいなくいつものようにインストールしました。

今回のトラブルで初めて知ったのですがオプションの更新プログラムというのは更新プログラムの試作品、いわばワクチンでいえば「臨床実験薬=試供品」なんだそうで、どんなトラブルが起こるかのデータを取る目的のものらしいのです。

データーが集められ、問題部分は修正された後に正規更新プログラムとして配信されるものなのなんだそうです。

これだなと思いました。すぐに、上記のオプションプログラムをアンインストールしました。

その結果、きょうまで約3日間でブルー画面と突然の自動再起動は発生していませんので正解だったようです。

これからオプションプログラムのインストールは、執拗に出てきても絶対にやらないように決めました。

| | | コメント (4)

2021年5月27日 (木)

アップデートしたら

きょう、パソコンのシステムのアップでートを実行したら、それが完了するころに↓のような画面が現れました

170e5fb0a20eef867580d5769004c925768x566

ジッとその画面の内容を読んだのですが・・・

続行すべきなのか、やらないと完了しないのか?それともスキップしていいものか悩んだ結果、

変になって使いづらくなるリスクがあるのではないか、と思い「後で通知・・」をクリックし画面を閉じました。

その後気になったので、ネットサーチしたらアドバイスサイトが有りました↓
デバイスのセットアップを完了・・・」(クリックするとリンク

つまり、続行しなくても何も問題が無かったようです(;^ω^)

このサイトを参考にして、今後は表示されないようにしましたが、パソコンは疑問に思ったらやらないことが得策のようです

| | | コメント (6)

2021年5月 5日 (水)

アマゾンを語る詐欺メール

私のパソコンに、昨年あたりから月に1~2回の頻度で↓のようなメール入ってきます。

誰かがあなたのamazonアカウントで他のデバイスから購入しようとしました。
そうでなければ、Amazonの保護におけるセキュリティと整合性の問題により、セキュリティ上の理由からアカウントがロックされます。

アカウントを引き続き使用するには、24時間前に情報を更新することをお勧めします。
それ以外の場合、あなたのアカウントは永久ロック。

確認用アカウント
宜しくお願いします

これは、よく読むと、変な日本語のところがありますように、Amazonを語った詐欺メール(フィッシング)です。

私の場合は自動的に「迷惑メール」のフォルダーに自動で振り分けられますので、いちいち対処する必要は無いのですが・・

ただ、いつになったら来なくなるのかがわからないので、とても気になるし嫌なものです。

| | | コメント (3)

2021年4月 5日 (月)

ホームページの左上に・・

私の場合、オンラインのホームページは「@nifty」にしています。

何度かリニューアルしていますが、ほとんど慣れた同じ画面です。

しかし、今年になって画面の向かって左上に「IPv6で接続中です」という表示がでていることに気が付いたのです。

たぶん、この表示はかなり以前からあったのだと思いますが、目に入っても気にしていなかっためわからなかったのかもしれません。

これは、最新のインターネット環境であることを意味していますが、わざわざ表示する意味は何なのでしょう?

| | | コメント (7)

より以前の記事一覧