カテゴリー「経済・政治・国際」の876件の記事

2020年11月18日 (水)

安倍さんの‘自宅’警備に‘2億円’

WEB週刊誌ネタですが、総理を辞任し一般の衆議院議員に戻った安倍さんなのですが・・

2か月も経った現在でも、総理大臣をしていた時のように渋谷区内にある自宅マンション前の道路では、バリケードによって封鎖され厳重な警護体制が続いているというのです。

要人で無くなった安倍さんの自宅警護に掛かる費用は、人件費だけでも年間で約2億円は全て国費、つまり我々の血税が使用されていることになり、「税金の無駄ではないか?」などの疑問の声が出ているようなのです。

この異例の警護が続く理由としては、
「今後安倍さんが自民党総裁選再出馬の可能性があって、まだ重要人物であために警備は解いていない」
という憶測もあるようです。

総理経験者を警察官が警備するのは珍しいことではないそうですが、ご近所さんはこの警護続行に賛否の声が上がっているようです。

  • 警察官に理由を言えば道を通してくれるが、いちいち面倒で不便だ
  • 警察官がそこら中に立っていることは、安心につながっている

ただし、この安倍さんのマンション付近には現職だった2020年の春以降、頻繁に右翼の街宣車が来るようになり、抗議活動を行っていてその警戒にあたっているようです。

ちなみに右翼団体が、安倍前総理に対し批判と抗議している内容は以下のようです

  • 現職の春頃は、『日本人にアビガンを投与せよ、他国の人間に投与する前に日本人に投与を優先せよ』
  • 辞職後は、靖国参拝を行った行為について『なぜ首相在任中に靖国を参拝しなかったのだ?』

右翼団体は、毎回日曜日の午前に街宣車でやってきて『住民の皆さん、うるさくしてしまい申しわけありません。しかしこれはきちんと言っておかなければなりません』といった礼儀正しい前置きをしてから安倍氏を批判していたそうです。

さて、この異例の私邸警護は、続けるべきでしょうか?やめるべきでしょうか?

わたしとしては、少し重点的な巡回だけで十分だと思います。

| | | コメント (8)

2020年11月16日 (月)

核ミサイル6000発分

現在、日本が国内外に保有しているプルトニウムの総量は約48トン、そのほとんどは「原子炉級プルトニウム」なのです。

これを核ミサイルに置き換えると・・「原爆6000発分」にもなります。

これは、アメリカやロシアの核兵器保有数約6000発に相当し、中国の保有数300本の20倍、北朝鮮の約200倍にもなる核兵器の原料の量です。

現実の国際政治では、余剰プルトニウムは「原則として持つべきではない」という名目の下に核査察団がその国を訪問し、調査・管理が行われていますが日本は除外されています。

理由は、憲法9条などによるものもありますが、アメリカの同盟国であることが一番の理由でしょう。

この大量の核燃料の始末について未だに日本は対策が決まっていません。

それでも経産省を中心にプルサーマル計画などを進めるだけでそのための安全対策が出来ていないことに、河野行革大臣が「無駄な予算が増える」と官僚にかみつきましたね

震災前だと、こんなことを指摘したら政治家生命が消されるのが常識だったそうですが・・

原発事故は、ほんとうに東電や電力会社の圧力が無くなったようです。

 

 

| | | コメント (4)

2020年11月15日 (日)

セオォル号沈没事故・・来年時効

2014年に韓国で起こった客船セオォル号の海難事故は、日本人でも未だ記憶に残る痛ましい事件でした。

この沈没事故では、当時のパック根政権の救助の不手際や海運会社の運航問題など、多くの原因が話題になったことでも記憶に残る事件でしたが、真相が解明されないまま12月10日で特別調査委員会が活動を終え、さらに事件そのものも来年の2021年4月に時効をむかえるそうです。

10月10日から、事故当時に命がけで30人もの子供たちを救って危うく自分も命を落とすところで救助されたキム・ソンムク氏(44)と、その支援団体が大統領官邸である「青瓦台」の前でハンストを行いムン大統領に対し、調査延長と「大統領直属の特別捜査団」の設立を訴えているそうです。

すべての国民が納得できるように真相究明に乗り出すことを要求する」
「子供たちに、犠牲者たちに私たちがすることができるのは真相究明と責任者の処罰だけ」

と、キム氏は話してハンストを続けているそうです。

もしこのまま真相がわからずじまいで終了したなら、犠牲者や遺族の悔しさは想像もつきませんし、文大統領の支持率にも影響が出ることでしょうう。

文大統領、徴用工問題やら日韓問題など難題山積みでも解決できないが、安倍総理のように(逃避的)辞任もできないでしょうから、北朝鮮へ亡命する・・?

| | | コメント (9)

2020年11月11日 (水)

参議院の唯一の決議権利

アメリカの大統領選挙の報道で、多くの日本人が同国のにわか選挙解説者になったようです。それは私も例外じゃないです。
私が興味を持ったのはむしろ、アメリカ連邦議会の制度のほうです。

アメリカの連邦議会議員は、上院:100人(30歳から)、下院:435人(25歳から)の535人によって構成されていますが、興味深いのは上院でしょう。

Photo_20201111114501

上院は各州から2名づつで50州なので100人になり、↑任期は6年でそれを三つに分けて2年ごとに選挙が行われて選出されます。

このやり方は、日本の参議院で行われていますが、任期も6年で同じで、選挙は半数が3年ごとに選出されますが似たような制度です。

一番の違いは、議員数でしょう。アメリカ上院が100人に対し、日本の参議は252人と2.5倍以上です。

これはアメリカの人口の3億2783万人(日本の2.6倍)と比較し、日本の人口:1億2427万人の割合に照らせば、日本の参議は多すぎにしか見えません。

続きを読む "参議院の唯一の決議権利"

| | | コメント (3)

2020年11月 9日 (月)

バイデン氏の波乱万丈

きょうは休刊日でなのでが、どうしても新聞を見たい私は例によってスポーツ紙を買ってきました。

社会政治欄は一面を使って、アメリカ大統領選挙が特集されていました。
トランプ大統領は敗北を認めませんが、バイデン新大統領の誕生は決まりでしょう。

新聞では、バイデン氏のこれまでの人生が記載されていましたが、まさに「波乱万丈」とはこの人の人生のように感じました。

  • 青年時代は、話に障害が出る吃音症に悩まされる。
  • 1972年、29歳の若さでアメリカ上院議員に当選
  • 1972年、上院当選直後に交通事故で
         妻と長女(1歳)が死亡
  • 残された幼い3歳の長男と2歳の次男を育てるため、列車で1時間半かけて国会に通う議員活動
  • 1977年、バジル夫人と再婚
     ただし、プロポーズは5回めにようやく叶った
  • バジル夫人との間に次女が誕生する
  • バイデン氏、40代で脳大動脈瘤で倒れる
  • 1988年、大統領指名選挙に出馬するも
         演説盗用問題で断念
  • 2008年、2回目の大統領指名選挙に出馬するも
        オバマ氏に敗北
  • 2015年、デラウェア州司法長官になっていた
        長男のボー氏ががんで死亡
    ※このころカルフォルニア州司法長官だった副大統領候補のハリス氏は、
     死亡したボー氏と司法長官として何度も協議する間柄で、
     この時にハリス氏は、バイデン氏とも知り合う
  • 2020年、アメリカ大統領に・・・

続きを読む "バイデン氏の波乱万丈"

| | | コメント (5)

2020年11月 8日 (日)

大統領候補者が、もしも亡くなったら

アメリカ大統領選挙は、バイデン氏の勝利で決まったようですが、現職のトランプ大統領が認めないので長引きそうです。

なんとも、日本人には理解できないアメリカの選挙の仕組みです。

ところで、アメリカ大統領選挙はバイデンとトランプ=二大政党の一騎打ちになっていますが、候補者は二大政党以外にも各州から20人ぐらいの多くの候補者が出ていることはあまり報道されませんね。

アメリカでは一定数の署名を集めた請願書を提出することによって、投票用紙に名前を載せることができる制度がありさらに政党の指名もなく請願書による資格もない候補者を支持する有権者のために、投票用紙にその名前を記入するスペースを設けている州もあるんだそうです。

この候補者たちを「自薦候補」と言われ、時に二大政党の候補者の票を切り崩したりして、州によっては選挙で勝利を収めて公職に就くことがあるんだそうです。

今回も有名な黒人芸能人が出馬していて、トランプ氏の票を切り崩した可能性が有ります。

実に面白い国家です。

今回の選挙の熱狂ぶりで武装集団も出たことで、「バイデン氏が撃たれたら(亡くなったら)どうなる?」という不安を感じなかったでしょうか?

もし、そんな最悪な結果が起こったらどうなるのかと思って調べたら、アメリカでは副大統領がそれに替わって大統領の権利を有するようです。

大統領選挙の前に、副大統領の選任者を表明する理由が、やっと判った気がしました。

副大統領は、本当に重要だったんですね。

| | | コメント (5)

2020年11月 2日 (月)

陽性者→54人

タイトルの「陽性者→54人」というのは、どこかの地域のコビッド-19感染患者数ではありません。

これは、きょうの国会で警察庁が明らかにしたもので、何らかの事件や事故などで死亡し、死亡後に警察の判断で遺体のPCR検査を行った結果判った感染人数です。

つまり、警察が検査の判断を行わなかった死者の中にも多くの感染者がいた可能性を示すものです。

なんとも不気味な話であり、警察官の方々の不安が察っせられる思いです。

国会で、コビッド-19対策でもう一つ判ったことがあります。

なんと、厚生労働省など対策協議会などが使う資料は10日前の資料で検討なされているというのです。

言い換えれば、2週間前の感染状況で対策会議が行われているということです。

これでは、現場に合った対策ができるわけが無い。

| | | コメント (6)

2020年10月31日 (土)

知事の公用車の人気ナンバー1は

兵庫や山口では、知事などの公用車に2000万円台の高級車「トヨタ・センチュリー」が購入されたことが無駄遣いだ、市民感覚とのズレがあると指摘され、全国でも公用車の実態が注目されるようになりました。

全国の自治体での公用車に、高級車のセンチュリーを使っているのは兵庫県、千葉県、石川県、愛知県だけのようです。

最も多いのは、ミニバンという方の車、日本ではステーションワゴンとか1.5ボックスカーとして有名な車で、31都道府県で選ばれていました。

つまり全体の3分の2以上がミニバンということになります。

選ばれている理由は

  • 7~8人乗りで車内が広い
  • 広いので、多目的に使える
  • 車体も頑丈で、多少の悪路でも走れ、安全性が高い
  • シート位置が高く見通しが効くので視察に便利

その中でもダントツの一番人気がトヨタ・アルファード、その他車もトヨタ・エスティマ、トヨタ・ヴェルファイアなどのようです。

その次に多いのが、小型乗用車のようです。最近は災害も多いのでSUV車(多目的4WD車)も急増しているようです。

さらに、エンジンもハイブリット車や、北海道のように水素燃料車など環境に配慮した車が主流のようです。

購入形態は、リースが増えているようです(14都道府県)。

福島県は、知事はトヨタ・プリウスのようで、災害などではSUV車が使用されます。

メーカーは、先にも上げたようにほぼ全部がトヨタが占めて、違うのはマツダ本社が在る広島県のマツダSUV(スポーツ用多目的車)CX―8と、日産の本社が在る神奈川県の高級セダン日産シーマだけのようです。

メーカーがこれほどトヨタに偏っているのは、どうしてなのでしょう?

いずれにしても、一番高い日産シーマでも900万円台に比べ、2000万円を超すようなセンチュリーは無駄遣いとしか言えません。

山口県は、天皇陛下などが来県したときのために「貴賓車」としてセンチュリーを購入した、などと答えているようですが、納得されないでしょうね。

ただ、河村たかし名古屋市長のように、公用車を軽乗用車にしたのはちょっとどうかなとも感じます。

やはり、ミニバンかSUVがちょうどいい気がします。

それにしても、公用車について自治体のHPで探しても詳細が出ないのは、どういうことでしょう?

| | | コメント (7)

2020年10月30日 (金)

50万トン減らす

農水省は10月16日に、2021年産主食用米の適正生産量を「679万トン」に設定したことを発表しました。

これは今年の生産量が735万トンと言予想をもとに、その過剰分を来年の減産割に算出したものです。

米の民間在庫量も225万トン以上に対し、適正量は180万トンだそうでこれまた過剰です。

つまり、50万トンという米を主食から減らさなければならず、耕地面積にすれば10万ヘクタール分にあたるそうです。(減らすコメは、飼料米に回される)

10万ヘクタール(1000k㎡)とは、東京23区の総面積の1.6倍にもなります。

同省によれば、近年の日本国内では年間10万トンの消費減少が常態化しているらしく、生産が過剰になる根本原因がこれです。

「なぜ、米を食わなくなったのか?」

その原因の一番は、米以外のものを食べるようになったから、だと思っていたのですが、最近の農水省の調査で最大の要因が解った気がしました。

>18歳~40歳未満・・・増加している感じている

 主な理由→米は健康に良いから。米は経済的であるから。

>60歳以上・・・減少したと感じている

 主な理由→ 主食も副食も無く、食べる量が減った

調査の結果、意外にも若い世代では「米の消費」は増加して、それに対し高齢者は食事の全体量が減っていたのです。

つまり、その少食になった高齢者の人口が増える高齢化社会現象の結果としてコメの消費が減っているようなのです。

これでは、減る一方です

高齢化社会が、こんなところまで関係していたとは思いませんでした。

| | | コメント (5)

2020年10月29日 (木)

ドコモと東北電力

我が家は東北電力の電気を利用し、その明細はWEBの「よりそうeねっと」を利用しています。

今日そこから、いつものメールが届いたのですが・・・その内容は「docomo×東北電力 ポイントプレゼントキャンペーン」というもので、

  • NTTドコモと10月1日~12月31日の期間限定で、東北電力の電気料金のお支払いをdカードに変更すると、dポイント=1,000ポイントをプレゼントする
  • さらに、ドコモ以外の携帯を使っているのをドコモに乗り換え相談のために、ドコモコールセンターに電話したうえで最寄りのドコモショップの来店予約をすると、ドコモからエコバックまたはミニハンドタオルをプレゼントされる

という、ドコモ中心の案内で、しかも嫌に馴れ馴れしい砕けた文章使いなので、「これ、本当に東北電力からのメールか?」と、疑ってしまいました。

大体において、本当に東北電力とドコモがコラボしたのかが知らなかったので、両方のサイトをのぞいてみました。

そしたらドコモの「ドコモユーザーにおすすめの電力会社  「docomo電気」は無いの?」という質問サイトにありました。

  • 東京ガスの電気
  • 大阪ガスの電気
  • 中部電力
  • 東北電力
  • 関西電力
  • 北陸電力
  • 四国電力

上記の各電力会社の料金をdカードで支払いすると、貯まったポイントをドコモの「dポイント」に交換できるといった形での「提携」となっていたのです。
ただし、特に割引などは無いようですが、こんな提携はいつの間に決まったのでしょうか?

知らなかったです。テレビでやりましたか?

私はずっとドコモ携帯なので、これに契約し、電話もドコモ光に替えれば、少しづつ割安になるようです。

しかし、全部ドコモ繋がりというのも・・ちょっと不安なんです。

| | | コメント (8)

より以前の記事一覧