カテゴリー「芸能・アイドル」の4件の記事

2022年3月 5日 (土)

花はどこへ行った

反戦歌というものが、昔から数多く歌われています。

その中でも1971年(昭和46)発表されたジョン・レノンの「イマジン」は、世界でも有名な歌の一つでしょう。

でも一番は、「イマジン」よりもっと前に発売され、沢山の歌手にカバーされた1956年(昭和31)ピート・シーガーが発表した「花はどこへ行った」という曲でしょう。

日本国内でのヒットは、ピータ・ポール&マリーがカバーしたもので、日本の歌手はこのデュオのをカバーし歌われたものです。

日本では、「おらは死んじまっただ」のフォークルセダーや森山良子さんなどのフォーク歌手など多くの歌手やグループがカバーしました。

和訳もそれぞれですが、共通なのは「若者の戦死」を語った歌詞の部分です。

ここでは、昨日カーラジオから流れてきた、今は亡き忌野清志郎(いまわのきよしろう)さんの独特の和訳歌詞を紹介したいと思います。

野に咲く花はどこへ行った? 遠い昔の物語 
野に咲く花は少女の胸にそっと優しく抱かれていた

かわいい少女はどこへ行った? 遠い昔の物語
かわいい少女は大人になって恋をし ある若者に抱かれた

その若者はどこへ行った? 遠い昔の物語
その若者は兵隊にとられて 戦場の炎に抱かれてしまった

その若者はどうなった?戦場でどうなった?
その若者は死んでしまった 小さなお墓に埋められた

小さなお墓はどうなった 長い月日が流れ
お墓の周りに花が咲いて そっと優しく抱かれていた

・・以下省略・・・

野に咲く花は少女の胸に そっと優しく抱かれた

元々は「ベトナム戦争反対」として作られた歌だそうですが、その後も世に戦争は無くならず、ウクライナでそれは繰り広げられています。

忌野清志郎さんが、歌詞にあえて原曲に無い「遠い昔の物語」と入れたのは、「戦争は過去の話しだけになってもらいたい」という願いを込めたように感じます。

しかし、また戦争が起こりこの反戦歌が流れる、なんとも遣る瀬無い気持ちです。

| | | コメント (11)

2018年8月24日 (金)

沖縄県知事選・・NHK・・安室・・安倍

沖縄県知事選は、安倍政権が推す候補者と、他界した翁長知事が指名していた党候補者との一騎打ちになりました。

そこで、この選挙でキーになっている人物が歌手活動を引退する沖縄の大スター安室奈美恵さんです。
なぜ注目され始めたかと言うと、翁長知事が急逝したときに彼女が発した追悼文の内容です。

『県民栄誉賞の授賞式でお会いした際には、お痩せになられた印象がありました。
今思えばあの時も、体調が優れなかったにも関わらず、私を気遣ってくださり、優しい言葉をかけてくださいました。
沖縄の事を考え、沖縄の為に尽くしてこられた翁長知事のご遺志がこの先も受け継がれ、これからも多くの人に愛される沖縄であることを願っております』

注目はアンダーラインの処の内容「・・・翁長知事のご遺志がこの先も受け継がれ・・」で、これは「辺野古移設反対を貫いた翁長知事の意思を」としかとれないからです。

安倍政権自公は彼女の動向が気になってピリピリムードらしいのです。

それを忖度したらしく、NHKは彼女の追悼文の紹介で「・・・翁長知事のご遺志がこの先も受け継がれ・・」の部分をカットして放映するということを行ったというのです。

それが事実なら、NHKは安倍政権の印象操作を助けるという選挙法違反に値するようなことを、受信料を使ってやったことになります。

最近のテレビ各社の報道には総務省からの圧力が見え隠れし、それはあの“大本営発表まがい”の行為でしょうし、安倍政権の恐ろしさを感じてしまいます。

やはり、妖怪とあだ名された祖父の岸信介元総理の片鱗が出始めたか?

| | | コメント (6) | トラックバック (0)

2016年4月12日 (火)

まこみな

今年から福島県内にある学習塾のテレビCMに出演している可愛い女の子2人がいますが、それを一度視たら忘れられない魅力があるんです。

そのテレビ慣れした愛くるしさのために、わたしはてっきりAKB48の一員を使っているんだと思っていたのです。

ところが、なんと福島県郡山市在住の女子高校生、正確には今春に卒業しましたので‘元女子高生’、つまりまったくの一般人だったことに驚いてしまいました。

福島県内にも沢山の町おこしアイドルグループが存在し活動していますが、この二人はそれとは全く無関係の郡山市に住む、まるで双子みたいな仲良し二人組で、そのユニット名は「まこなみ」と名のっています。

続きを読む "まこみな"

| | | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年5月27日 (水)

村の自慢だ!「コフリン・ダニエル・エドワード」

NHKBSの番組のオープニング曲を担当したりしているが、全国的にはまだ知名度がない「コフリン・ダニエル・コフリン」というギターリストですが若手注目のアーティストです。
この若者が今私の村の自慢の人物です。

Daniel2 ←が顔のスナップ
http://www.kurosawagakki.com/sh_dr/daniel.html
に掲載のものです(良かったらそちらにもアクセスしてみてください)。

名前は~「外人?」・・性別は~「女性?」

どちらも違います。

昭和58年(1983)12月9日亥年の生まれ、25歳、父親=アメリカ人・母親=日本人のハーフ、身長190センチもある男性です。

誕生は東京ですが、すぐに母親の実家がある福島県安達郡大玉村に家族で移住して中学までは村内の学校、高校も隣接する本宮市(当時は本宮町)の県立本宮高校に通い村で育ちました(現在は一人で東京在住)。
http://daniel-coughlin.jp/

先日、当時の中学の同級生やダニエルの親戚、それにわざわざ東京からファンが詰めかけ実家のある村で初のライブを開きました。

地元テレビのインタビューを受け「ここはやはり落ち着きます。この会場も小学生の頃よく遊びました」と語っていましたが、わたしとしては「こんな端正な顔立ちで‘大玉村訛り’が出るんじゃないか?」と、そっちの方が気にかかりましたね。
たぶん訛っていないでしょう?私には聞き分けができませんがね

これから、もっともっと有名になってほしいものです。

| | | コメント (8) | トラックバック (0)