カテゴリー「つぶやき、コラム」の1000件の記事

2020年11月23日 (月)

「水素」を電線で運ぶ?!

原発事故で全町避難になった浪江町、現在は次世代のクリーンエネルギーとして注目される水素に着目し、今年3月に世界最大規模の水素製造拠点「福島水素エネルギー研究フィールド」が開所しました。

これにより、水素の安定的な供給体制が整ったことから水素の利活用促進に取り組み、水素社会の実現に向けた「なみえ水素タウン構想」を発表しました。

町は東京電力福島第1原発事故からの復興に向けてエネルギーの地産地消を掲げ、50年までに二酸化炭素の排出実質ゼロを目指す「ゼロカーボンシティ」を宣言しており、水素の利活用を通して達成につなげたい考えです。

町単位で大規模な水素の利活用の実証が行われるのは全国で初めてだそうです。

水素は環境に配慮した一方、効率的な導入に当たっては製造や貯蔵、輸送などの技術的な問題に加え、水素燃料電池の性能の向上とコストダウン、法規制の見直しなど課題は多いという代物のようですが、浪江ではそれらの解消に向けた実験も行われています。

一昨日行われた実験は、水素をトラック輸送ではなく、ホースで送る実験が行われたそうです。
なんとそのホースは、電柱を利用して電気の送電のようにする実験なのです。(地下を利用実験も兼ねている)

実際に、計画としては既存の電柱を利用するようなのです。

ホースの太さは高圧線ぐらいで、表面がゴムで覆いホース自体は切れたりしないアルミ製だそうですが、ちょっと想像がつきません。

浪江町は化石燃料に頼らない町を実現したいそうですが、早く実現し全国に波及してもらいたいと思います。

 

| | | コメント (5)

2020年11月20日 (金)

‘コロナ’が、コロナに悩む

日中戦争がはじまったころの昭和12年(1937)、内田鐵衛氏という人物が現在の新潟県三条市の自宅裏に10坪ほどの工場を建て、石油コンロの製造販売を開始します。

これが、今は日本を代表する暖房機器などの大手メーカー「株式会社コロナ」の始まりだったそうです。

コロナの名称は創業者である内田鐵衛氏が東京電機学校(現在の東京電機大学)在学中に、実験中によく見たコロナ放電の発光色と、石油コンロの研究中に暗がりで見つめたコンロの青い炎が似ていることに気づき、
コンロと太陽の周囲に現れるコロナのイメージを重ね合わせ、石油燃焼機器を象徴かつ覚えやすく親しみやすいブランド名として名付けたのが由来だそうです。

corona2

そのコロナが、新型コロナウイルスの名前に影響されていると聞きます。

寒くなるとコロナの暖房機器が売れ始めますが、名前だけで敬遠されるようなことがあったら最悪です。

いまさら社名は変えられないし、とんでもないとばっちりとは、こういうことでしょう。

他の国がどうあれ、日本だけでもWHOが名付けた「コビッド-19」と言ったほうが良いと思います。

ちなみに我が家のファンヒーターは、コロナ社と同じく新潟に本社が在る「ダイニチ」、そしてガスコンロは名古屋に本社が在る「リンナイ」で、コロナの製品は有りません(笑)

| | | コメント (4)

2020年11月19日 (木)

福島県知事が自宅待機になった

昨日、福島県の内堀知事が、コビッド-19で自宅待機になったという報道が流れ「ついに知事が感染したのか?!」と驚きました。

ただ、知事自身が感染者ではなく、公用車の運転手が新型コロナウイルスに感染したことが確認されたため、知事が濃厚接触者に当たるとして国の指針に準じて自宅待機にしたということでホッとしました。

内堀知事は、11月13日にこの運転手が運転する公用車で移動し、2時間程度同じ車内にいて「濃厚接触者に当たる」として、その日から2週間にあたる11月27日まで自宅待機するということです。

知事は、自宅待機しながら電話やメールなどで公務を続けるということですが、月末の全国知事会には出席が出来なくなったため副知事が代わりに業務を行うようですが、正直言って絶対的支持率を持つ内堀知事に比べ副知事では心もとないです。

濃厚接触者でも、PCR検査で陰性だった場合は自宅待機期間を短縮できないものなのでしょうか?

できるはずだと思うのですが、それは国家の要人に限られるのでしょうかね

| | | コメント (6)

2020年11月17日 (火)

縁起物の小さな白花

今回は、タイトルバナーにも使いましたが、この白い花が何の花かすぐに判る人はすごいと思います。

Img_3762Img_3761

 

 

 

 

 

葉が映り込むと・・「ヒイラギ(柊)」であることが直ぐに判りますがヒイラギの花は見過ごすことが多く、見慣れないので分り難い花の一つだと思います。

5mmにも満たない小さな白い花ですし、さらに鬼も逃げる葉の棘を気にしながらの撮影は、コンデジでのピント合わせが難しいです。

撮影もせず眺めれば、なんとも愛らしく風情ある白が奇麗です。

ヒイラギの木は、前にも記しましたが鬼や邪気を払う縁起のいい木としても有名です。

ただ、柊木だと思って「セイヨウヒイラギ」を植えている人も多く見かけます。

セイヨウヒイラギは、名前こそ柊が付きますがホーリーの仲間で「モチノキ科モチノキ属」で、モクセイ科モクセイ属のヒイラギとは全く違うものです。

花もよく似た白く小さなのが咲きますが咲く季節は春・初夏、秋・初冬に咲くヒイラギとは違います。

そして実の色、ヒイラギはですが、クリスマスの飾りにも使うセイヨウヒイラギの実は真っです。

ちなみに、我が家には両方が植えられています。ご丁寧に、ヒイラギナンテンまで植えられています。

全て亡き父が植えたものですが、どれも葉の棘が刺さって痛く、特に成長が早いセイヨウヒイラギの手入れが大変です(笑)

「どっちだって棘があるからいいのでは?」と、思う人もおられるでしょうが、セイヨウヒイラギはモチノキ科なので大きくなると棘が無くなってきてしまいます。

縁起物として柊を植えるなら、心得ていてほしいことがらですね。

 

| | | コメント (6)

2020年11月14日 (土)

11月14日は何の日?

やや風強く快晴の11月14日(土)、「きょうは何の日」だったのでしょう。

それほど大したことは無いだろうと、思ってみたのですが・・

  • 1888(明治21)パストゥール研究所設立
  • 1900(明治33)オーストリアの病理学者ランドシュタイナー、血液型を発見する
  • 1930(昭和5)濱口雄幸首相、東京駅で愛国社社員に狙撃され、重傷を負う

  • 1947(昭和22)本田 實氏が新しい彗星を発見。後に「本田彗星」と命名
  • 1970(昭和45)渋谷でウーマンリブ第一回大会が開かれる
  • 1971(昭和46)青森と北海道を海底で繋ぐ「青函トンネル」の起工式が行われた。
    全長53.85kmは、当時世界最長の海底トンネル
  • 1973(昭和48)下関市と北九州市とを関門海峡上で繋ぐ関門橋開通
  • 1985(昭和60)プロ野球選手の労働組合認定。会長は読売巨人の中畑 清選手

上記のように、各年のきょう11月14日にはこんなことがあったのですね。

昭和5年・1930年は、私の母が生まれた年で、亡き父はまだ5歳のころですが、こんなことがあったのですね。
元号が昭和になって5年目の当時、わが村の人々はこの事件にどんな反応をしたのでしょうか?

ウーマンリブ運動のすごさは覚えていますが、このころだったんですね。
もっと後の時代かと思っていました。

興味深いのは、明治33年ののこの日に血液型というのが判ったということです。

まだ、190年しか経っていないのですが、科学は進んだものです。

| | | コメント (6)

2020年11月12日 (木)

初霜に初氷と、きたもんだ

予報は的中し、今朝の我が家の周りは初霜ですべてが、まるで雪化粧したかのように霜で白い世界になっていました。

2020img_3774 2020img_3777

畑の畔のジャノヒゲは↑こんな感じでした。桶に溜めていた水は丸い氷の蓋が出来てました。

2020img_3776 2020img_3773

 

 

 

 

アジュガも紅葉し始めたカタヒバも霜が棘のようです。

202011img_3775

乳首山(ちちくびやま=安達太良山)の頂は、その名のように白い肌に突起も白くなっていました。

ただし、日中は暖かい日差しで気温が上がりました。

まだ冬将軍の本体は来ないようですが、夕方になっても雲一つない空ですから、明日の朝も霜になるでしょう。

| | | コメント (5)

2020年11月 7日 (土)

太陽光発電の詐欺か?

昨日、畑に居たら見慣れぬ乗用車が近づいてきて、止まりました。

助手席側の窓が開き男性が顔を出しましたが、一瞬で外国人(中東系)だと判る顔でしたので「道に迷ったのか?」と思いました。

その人はとても流暢な日本語で、「何か、売る物は有りませんか?」と聞いてきました。

わたしが、手を横に振って「無いよ」と言ったら、「ありがとう」と笑顔で言って離れていきました。

それから、それほど時間をおかずに広報無線の放送が始まりました。

最近、太陽光発電の設置建設のため土地を貸してくださいという事案が多発しています」

「『トラブルなどの保証は国が行います』などという説明がされるようですが、
トラブル発生や後に撤去することになった場合、土地の所有者が費用を負担することになる可能性がありますので、
もし話が来たらすぐに役場に相談してください」

「詐欺」とまでは断定しませんでしたが、太陽光発電でも怪しい影が暗躍しているようです。

こんな田舎でも、ぼんやりしていられなくなったこと肝に銘じられる毎日です。

| | | コメント (5)

2020年11月 6日 (金)

きょうは『節分』で『土用の丑の日』

きょう11月6日(金)はカレンダーでは大安でもありますが、冬の土用の最後の日節分であり、丑の日になっています。

商魂たくましい地域のスーパー各店では「丑の日」と銘打って、ウナギのかば焼きの特売広告を出していました。

明日は立冬ということでいよいよ冬本番ですが、それほど寒くはないのが現状でコスモスの花も咲いています。

つまり、朝晩と日中の温度差が大きいということで、久しぶりに里山や庭の植木の紅葉の色が濃い気がします。

どんな気候でも、何かしら美しさを見せてくれるのが自然界でしょう

 

話変わりますが、お知らせです。
本日から私の記事のフッターに「いいねボタン=」が設置されました。

| | | コメント (2)

2020年11月 4日 (水)

またまた、またクラスター発生

また福島県では、コビッド-19感染のクラスターが発生しました。

郵便局(二本松市)から始まり、ホストクラブ(郡山市)、そして今回は学校(郡山市)です。

ついに、福島県の総感染者人数は‘400人’を突破してしまいました。

最近、マスクをし、手は消毒する日々はが続き、なんだか感染対策というよりそれらの行為が当たり前になってきたせいでしょうか。

そして、それらの行為自体をやらないと悪いことのように感じるような、ほぼ無意識に近い状態でなんとも不思議な感覚にとらわれることがあります。

これは、季節のせいか?
それとも、わたしが変になってきたのでしょうか?

| | | コメント (3)

2020年11月 3日 (火)

遭難者が2.4倍に・・

きょうもまた数字のタイトルですが、これは福島県の山岳会が発表した県内の登山者の遭難者の増加した割合の数字です。

福島県内の登山者で遭難した人は、8月では8人だったのに対し、9月は19人になったそうです。

これはGoToトラベルも関係しているでしょうが、三密が防がれる登山は全国的に増加していて、紅葉の季節が始まり登山には最適な気候となってきたことによるものでしょう。

以前にもなんどか記していますが、安達太良山や吾妻山がつらなる磐梯朝日国立公園に属する山々は、初心者でも登りやすいが迷いやすく、遭難者も多いところで有名です。

きょうは、現行憲法が公布されたのを記念して制定された「文化の日」、登山や紅葉を楽しむ文化も気を付けてやってもらいたいものです。

 

 

| | | コメント (8)

より以前の記事一覧