玉ノ井神社の太鼓台

撮影場所:安達郡大玉村

撮影日:2007年10月13日 (土)

玉ノ井神社の2台ある太鼓台(たいこだい)。その最初の1台は神社建立から遅れること26年後の明治38年(1905)に日清戦争の先勝祝いで二本松の太鼓台を新しくしために不要となった以前のものを譲り受けたのが始まりである。その時中心になったのは玉ノ井村の名士でもある「玉応平次郎氏」だった。

2台目の太鼓台は、平成9年(1997)に新たに作られた最近のものである