トチバニンジン(栃葉人参)

撮影場所:

撮影日:2015年7月 7日

ウコギ科トチバニンジン属のトチバニンジンはチョウセンニンジン(御種人参・おたねにんじん)と同じ仲間である。
ただし、チョウセンニンジンは根が肥大するのに対して、トチバニンジンは根茎が肥大し結節が有る。
根茎は横にはって、1年毎に1節増えていく、それがちょうど竹の節のようで「竹節人参(ちくせつにんじん)」とも呼ばれ、去痰、解熱、健胃の生薬としても知られる。